インドブッダガヤ・仏心寺テンプル(カリーテンプル)の公式サイトです。

FrontPage

画像の説明

今、ブッダガヤにいます!。 7月1日更新

文殊普賢菩薩制作状況を更新しました。!。7月21日更新

本尊釈迦如来の台座制作中。!
画像の説明

平成28年度仏心寺ツアーが決まりました。

ニュースレター更新

インド旅行のハプニング!。

画像の説明

文殊・普賢菩薩勧募のお願い!。

  2014年10月より2016年12月まで
  写仏を描いてみませんか!。
  皆様の描かれた写仏を菩薩様の胎内に納め、奉納します。

宿泊者の声を掲載しました!。

 

仏心寺ツアー!

ブダガヤの出来事、など々ブログに掲載しております。!

インド仏心寺の紹介ビデオ!

a:22974 t:18 y:22

画像の説明

インド仏心寺は、インド政府よりトラスト(公益慈善信託)許可を得たお寺です。

2001年、日本の「仏心寺を支援する会」寄進者総数1,232名によって建立され、現地スタッフ4名の人達により管理されています。

仏心寺は、慈善を目的とした施設です。現在の主な活動内容は、子ども達の学校と、修行をしたい方に、宿泊場所を提供をすること。短期の旅行では見えない「人と人の関わり」を実感していただくことが目的です。もちろん短期間の方にも宿泊場所を提供しています。
この他にも、お釈迦様のご縁を大切にして、施食供養・ボランティア活動等、インドと日本の交流を深めるために事業を展開しています。この施設が末永く、多くの人たちのために利用していただくため、日本の「仏心寺を支援する会」の多くの人たちにより、現在も金銭的支援がおこなわれています。 

◇住 所:インド国ビハール州ガヤ区P.S.and.P.O.ボダのマスティプール
◇正式名称:「ブッ・シンジ・公的慈善信託」[Busshinnji Public  Charitable Trust]

画像の説明  仏心寺正門
画像の説明  仏心寺本堂
画像の説明  本尊釈迦如来
画像の説明   釈迦如来像制作者:前田昌弘仏師

画像の説明

今、IT産業ではトップに立つインドですが、ブダガヤでは学校に行きたくても行けない貧しい家庭の子供たちが沢山います。せめて生きて行くために最低限必要な読み書きや、教養などを身につけてくれればと思い、2003年12月にチルドレンスクールを開設しました。

毎週月曜日から土曜日まで。時間は、9時から1時頃まで。
勉強している教科は、ヒンドゥー語に、英語、数学です。
 年齢によって三つのクラスに分かれています。勉強の合間には、おやつの時間もあり、子供達はこのおやつが一番の楽しみのようです。もちろん勉強が楽しいという子供もいます。
 仏心寺もこの学校も、大勢の日本のみなさんの寄付によって運営しています。
一年間、一人の子供が学校に通う費用(制服・教科書・文房具・お菓子代・先生の給料)を寄付してくださる、里親募金もあり、たくさんの方の協力で成り立っています。
宿泊された方は、是非授業風景をごらんになり、インドの子供達とふれあってみてください。
里親になって頂くことで、子供たちの夢を紡ぐお手伝いをしていただけませんか。
  キラキラ光る目の輝きと、人懐っこい笑顔が、あなたの支援を待っています。 

画像の説明画像の説明

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional