インドブッダガヤ・仏心寺テンプル(カリーテンプル)の公式サイトです。

''文殊菩薩制作状況''

仏師の部屋

2015年8月28日
昨日は大雨。そして、今日は快晴。
開眼式の始まりです。
まずは、子供たちが散花をする中、宿坊から本堂へ。
画像の説明
文殊様の体内へ、写仏の用紙と勧募者の名簿を奉納。
画像の説明
前田導師(前田仏師のお父上)による入魂。
画像の説明
タイやブータンのお坊さん、学校の子供たちも!。
画像の説明
画像の説明
続いて、子供たちへ日本からのお土産の贈呈。
画像の説明

2015年8月25日
関空を出発して、インドのデリーに着きました。
画像の説明
国際線に乗り換え、パトナへ、そして仏心寺に到着。
画像の説明
文殊様が心配です。
画像の説明
画像の説明
何とか、ご無事の様子です。
2015年7月3日
完成した、文殊菩薩が展示されることになりました。
日曜日には、獅子の彩色が完成し、獅子の上に座った菩薩を見ることが出来ます。
他にも、前田仏師の作品が展示されます。
画像の説明

2015年7月2日
獅子の彩色が出来つつあります。色が付くと迫力がまします。

画像の説明

画像の説明
2015年6月24日
文殊菩薩に彩色を施してもらいました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明
完成です。
画像の説明

2015年6月18日
台座の獅子の中は空洞です。仏師の苦労がうかがえます。
画像の説明
ベニヤ板をカットしてもらい、獅子の台座の底に、蓋をしました。
画像の説明
画像の説明

2015年4月28日
画像の説明
画像の説明
獅子の姿できあがってきました。
でも少し重たいんです。
インドへ持って行くには、もっと軽しないとね!。
画像の説明
画像の説明
光背の製作に取りかかります。
画像の説明

2015年2月3日
画像の説明
画像の説明
画像の説明
粗彫りを完了しました

2015年2月1日

画像の説明
画像の説明

獅子を造るのに、寄木をして粗彫りをします。
ヒバ材は、まっすぐに落とせず木目が歪んで取れるので少し難関です。
2014年11月
画像の説明

画像の説明

画像の説明
文殊菩薩の胴をくり抜き、軽くすると共に写仏用紙のを納めるスペースを作ります。右の写真は、足の部分を上から見たところです。

2014年10月12日
今年も、インディアメーラが開催されました。
昨年は、文殊菩薩のノミ入れでした。今年は、普賢菩薩のノミ入れをしました。台風にもかかわらず、たくさんご来場いただきました。
画像の説明
画像の説明
2014年7月7日
 文殊菩薩の足部分を制作中。
画像の説明

2014年1月15日
 第5回浄土宗芸術協会京都支部の展覧会に、制作中の文殊菩薩を出展。
画像の説明画像の説明画像の説明

2013年10月29日
 立体造形 2013に参加出品!
画像の説明画像の説明

2013年10月24日
画像の説明画像の説明

2013年10月13日~14日
 神戸メリケンパークで、インディアメーラに参加出展し、来場者にノミ入れを体験して頂きました。休む暇もないほどの盛況ぶりでした。来展の皆さまに感謝。!
画像の説明画像の説明
画像の説明

2013年9月26日
 顔や胸部分の粗彫りで少し菩薩の姿がわかるようになってきました。
画像の説明

2013年9月18日 下絵を描いて文殊菩薩を彫ります。
画像の説明

2013年(平成25年)6月より文殊普賢菩薩の制作に着手致しました。
7月には、材料(幅30~40㌢×厚20~30㌢×3~4㍍の米ヒバ8本)を必要なサイズにカットし、又必要な大きさに材料を接着しています。それから、やっと彫刻の開始となります。ご期待ください!。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional